title  
line decor

FM浦和 森谷明仙 こころの日めくり

 

書へのオマージュ 森谷明仙ひとりごと
image
        2016年11月13日 珈琲 と 古民家 と 「書」  その1


                福丸珈琲さんにお世話になって
                あっという間に、10日が過ぎてしまいました。
                古民家風にあつらえられた店内に、流れるのはジャズ。
                香り深く、けれど爽やかさもあわせもつオリジナルコーヒーが
                店内のすみずみに、「落ちつき」と「いやし」を届けてくれています。
                珈琲と 古民家と 「書」
                スタッフの方が、すすきと小菊をあしらって下さいました。
                しっくりと、それぞれが、溶け込んで
                落ちついた、やさしい空間になっています。

画像


画像


                バック作家の
                吉田美子さんが、来て下さいました。

画像


                独創的な模様や色づかいの布と、
                私の直筆の書を
                吉田美子流にアレンジして
                世界に たったひとつの、
                バックが出来上がっています。

画像

画像

画像


                実は、
                今回の作品展のご案内の「昴」の書
                吉田美子さんの、フレンツェでの展示会の壮行会で
                即興で、音楽に、合わせて書いたものです。
                美子さんにも、はじけてほしくて
                私も、はじけたくて
                集まって下さった皆さんにも、はじけて頂きたくて
                170p×90pの、大きなパネルに
                想いを託し、筆を運んだものです。

                  昴
                  すばる 生きて こころ詩
                  あしたを 唄え

                                         森谷 明仙
                                         moriya-mmi@lagoon.ocn.ne.jp




Copyright (c) 2008 Bokusya Meisen Moriya All right reserved.
※このホームページに掲載されている記事・写真・図画等の無断転載・複製を禁じます。